656広場

いろんな記事

サークル大会 1進化杯 2位構築 オノヌマゴルバ

f:id:kouha1020:20190531225156p:image

サークル大会がめっちゃ楽しくて頑張って考察したので記事に残します。急いで書いたのでガバガバ文。

・環境予想

・構築経緯

・個体詳細

2進化するポケモンの1進化目しか使うことができない。メガシンカは進化に含まない。

 

・環境予想

予想①

①ラッキー&ポリゴン2

この環境のトップメタ

しんかのきせきを持たせることで耐久おばけになる。めっちゃ強いけどメタに弱いため崩しやすい。

 

ドテッコツワカシャモ

ラッキーとポリ2に強いかくとうタイプ

ドテッコツは遅いが耐久はそこそこあり根性が発動すると火力もやばい。ワカシャモはタイプが強く加速バトンや剣舞Zなどやれることが多い。その他のかくとうタイプも要注意。

 

サマヨール

ラッキーやポリ2を眼差し呪いでハメることができる点、耐久値が高くドテッコツなどのかくとうタイプを受けられる点など。眼差し呪いによる崩し、ハメ性能が高くナイトヘッドの安定した打点も高評価。

 

ゴルバット

ラッキーやポリゴン2にすり抜け毒羽眼差しで処理することが出来ること。サマヨールに対しても毒羽挑発で処理することが出来る。かくとうタイプに対してもエアスラッシュを採用することで高い打点をとることが出来る。またバトンに対してもくろいきりで切り返すことが出来るためメタの駒として非常に優秀であると考えた。

 

ユンゲラー

この環境最速のアタッカー。

火力技範囲共に優秀で挑発、アンコールや瞑想も覚えるため受けへのメタも可能。ラッキーにはたぶん勝てない。持ち物はおそらくタスキ。

 

ここまでが初期段階の環境予想。

ユンゲラーも含むがゲコガシラピカチュウなど高速低耐久アタッカーはラッキーorポリ2に止められてしまう。高速アタッカーに強いラッキーorポリ2+ゴルバットorサマヨール+崩し枠といった構築が多いのではないかと予想。

また、崩しは物理方面の高火力が採用されやすいと予想を立てた。

 

予想②

初期の環境予想に加えそれらに強くパワーの高い取り巻きを考察した。

 

オノンド

この環境はフェアリータイプが弱いためドラゴンタイプの通りが非常に良い。竜の舞を覚え+1げきりんZがステロ込みでラッキー、ゴルバットは確定である。また、ダブルチョップによりユンゲラーのタスキを貫通して倒せる点も高評価。ポリゴン2サマヨールニダンギルには受けられてしまう。一応挑発、剣舞などメタは可能。

 

ニダンギル

ABが非常に高いがDがペラペラで少しピーキーな数値。しかし、特殊方面で弱点を突く相手に対してはかげうちが抜群で入ることが多い。剣舞や追い討ちなど崩し性能が高い点も評価が高い。

 

ポリゴン2

数値が非常に安定している。

ラッキーと違い技範囲と火力が高いため淘汰されないと予想。物理方面への崩しに対して耐えてトリルを絡めて強く切り返すことが出来る。

 

サマヨール

ポリゴン2に対するメタだけでなくオノンドにも強い。トリルでの切り返しもあるため⑤のサイドンと相性が良い。

 

サイドン

低速だが耐久値はBDともに優秀。

つるぎのまいを覚えるため崩しが強くサマヨールと並べることでオノンドニダンギル、初期段階の予想に挙がった多くのポケモンを対面で倒すことが出来る。草技が飛んできやすい環境なため事故る可能性が高い。

 

物理方面で超高火力な崩しを遂行できる枠は低速で弱点が多めであり高速広範囲なアタッカーに弱い傾向がある。ラッキーやポリ2を始めとした受け主体の構築が台頭すると予想したが、対面→崩し→サイクル→対面の竦みがしっかり成り立っている環境である。

 

構築経緯

全抜き体制を整えるために必要な条件が少なめであり、パワーが非常に高いオノンドが扱いやすく強いのではないかと考えオノンドを軸に構築を組むことにした。

オノンドの抜き体制を整え、タスキ潰しやラッキー、ゴルバットに対する確定数を大きく動かすことができるステルスロックを撒くことができ、ステルスロックを活かすことのできる欠伸を両方扱える枠を探したところ耐久も高いヌマクローに至り採用。

次にオノンドが舞う前に上を取られる相手やヌマクローに弱点を突ける草打点を持っているポケモンに強く並びとして補完も良いニダンギルを採用。

ここまでで相手の高速アタッカーに大きな負担をかけられてしまうため逆に上から叩くことのできるユンゲラーを採用。

この4匹では崩しが物理火力のみであり受け回しやバトン等のギミックに弱いためゴルバットを採用。

この5匹まではすぐ決まったが最後の1枠がなかなか決まらなかった。欲しい要素としてはポリゴン2サマヨールを起点に積めるor有利なサイクルを仕掛けることが出来ること。

高火力な押し付けつつ相手のポリ2、サマヨールに強いゴルバットにつなぐことの出来るボルトチェンジを使える枠が適任と考えピカチュウを採用して6匹が決まった。

 

個体紹介

ヌマクロー 

ぽけっとふぁんくしょん!

ヌマクロー@フィラのみ(げきりゅう・わんぱく)
175(236)-105( )-123(172)-72( )-103(100)-70( )
たきのぼり/じしん/ステルスロック/あくび

H16-1

HD ゴーストのシャドボ確定3発 木の実確定発動

ステロあくび要因

不意の草技が怖すぎてあまり出せなかった。

選出した時は確実に仕事をしたので強かったと思う。

物理方面の耐久ラインが曖昧だったので多かった弱保ニダンギルに対面で勝てるようにAに振っても良かったと思う。

 

オノンド

ぽけっとふぁんくしょん!

オノンド@ドラゴンZ(かたやぶり・いじっぱり)
151(76)-167(116)-91(4)-54( )-81(84)-116(228)
げきりん/ダブルチョップ/じだんだ/りゅうのまい

 

H ちきゅうなげ確定3発

HD 臆病ユンゲラーのマジシャ耐え

S 最速ユンゲラー抜き

 

ヌマクローのステロ欠伸からの積み要員。

抜き性能は素晴らしかったがポリ2とニダンギルで止まる点が思ったより辛かった。

次やるなら絶対挑発剣舞

 

ニダンギル

ぽけっとふぁんくしょん!

ニダンギルとつげきチョッキ(ノーガード・いじっぱり)
145(84)-178(252)-170( )-58( )-91(172)-55( )
アイアンヘッド/シャドークロー/かげうち/おいうち

 

HD ゴーストのシャドボ耐え

 

ユンゲラーを後出しから狩る枠ためにチョッキを持たせて採用。想定していた動きはそこそこ決まったので気持ちよかった。

弱保ニダンギルが多かったのでミラーに強い型も一考。

 

ピカチュウ

ぽけっとふぁんくしょん!

ピカチュウ@でんきだま(せいでんき・おくびょう)
111(4)-67( )-60( )-102(252)-70( )-156(252)
10まんボルト/ボルトチェンジくさむすび/わるだくみ

 

ペラッペラ。

めっちゃ強かった。

技構成も使いやすく完結していると思った。ボルチェン→ねこだましが変更の予知あり。

このルールでCだけボルトロスポケモンが使えるって考えると使い得すぎる。

 

ユンゲラー

 

タスキが潰れないタスキ持ち。

初手に投げてHP1で引く動きがつよい。

挑発の枠はでんじはなどに変更にしても良かったもしれない。

 

ゴルバット

ぽけっとふぁんくしょん!

ゴルバットしんかのきせき(すりぬけ・わんぱく)
181(244)-100( )-125(188)-76( )-95( )-120(76)
とんぼがえり/どくどく/はねやすめ/くろいきり
 

S 準速オノンド抜き

 

ポリ2対策枠。

Hazeはバトン等のケアとして採用したが挑発の方が良かった。詰め性能が非常に高かったので良かった。

 

あとがき

ニダンギルに薄かったのが構築の弱み。

オノンド以外の抜きエースをもう1枚採用する必要があると思った。